So-net無料ブログ作成
検索選択

嘯月の和菓子 [お菓子]

弘法市の後、東寺から河原町に移動したのも目的が・・・

くいしんぼうの私がずっと食べたいと思っていました

「嘯月」の和菓子を出してくれるお店「せせらぎ すへら」を見つけたからでした。

嘯月の和菓子は一日前までの予約制でお持ち帰りのみなので

出来立てをベンチで座って食べる訳もいかず

紫野という不便さもあって、ずっと断念していました。

すっごくモダンなお店で頂いたのは「嘯月セット

今回は2種類の和菓子の中で「岩根のつつじ」と

煎茶、ほうじ茶、抹茶の中から抹茶を選びました。

090521_1623~0001.jpg

カウンター席から外のせせらぎの道を見たところ

090521_1633~0002.jpg

見た目にもきれいで美味しいお菓子でした。

ここ一ヶ月で食べた、つつじ?系の和菓子・・・

090521_1632~0001.jpg 嘯月

090514_2157~0002.jpg 鶴屋八幡 

画像では派手な色になってしまいましたが実物はもう少し、やさしい色合いでした。

090421_1506~0001.jpg 伊右衛門サロンでの和菓子

お店により、見た目もお味も随分と違うものでした。

090521_1712~0001.jpg

せせらぎの道から見たお店

デザイナービルです。

090521_1718~0001.jpg

ここの近くで飼われてるらしい?猫

錦市場で買った、豆乳ドーナツをあげたら前足でころがされただけでした・・・。

090521_1730~0002.jpg

鴨川には、もう川床が出ていました。

いつもながら、等間隔でカップルが・・・

晩御飯は買って帰った「村上重」のお漬物と「三木鶏卵」の出し巻き卵に

土鍋で炊いたご飯のみでした。

豪華なのか質素なのか微妙です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。